SSブログ

陸からホエールウォッチング@パロスバーデス

ロサンゼルスの高級住宅地、パロスバーデスに、陸から鯨が見られる場所があります。その名は、ポイントビセント。ロサンゼルス近郊で、鯨が、陸から最もよく見られる場所であることから、太平洋コククジラの調査観測地点になっているのだそうです。
Whale10.jpg

ポイントビセントでは、鯨の専門家が、毎日、鯨の数を記録しています。この日、昼頃観察スポットに着くと、ホワイトボードに、Southbound(南帰行)、今シーズンの合計と、この日観測数が22頭とありました。
Whale1.jpg

しかし、次にボードを見ると観測数がもう23頭!
Whale4.jpg

いったい誰が数えているのかと思ったら、この方。この日の担当者のナタリーさんです。
Whale6.jpg

「私が数えてます!」と書いた名札をつけています。責任ある仕事なので、望遠鏡もかなりご立派。
Whale8.jpg

そして、素人の皆さんも、みな、手には立派な双眼鏡が握られています。
Whale7.jpg

そうです。陸から鯨が見られるといっても、肉眼[目]では見られません…[もうやだ~(悲しい顔)]

ポイントビセントセンターの西側のワゴン近くには説明員の方がいて、鯨の生態について親切にレクチャーしてくれます。日本語の資料も置いてあって、とっても親切。この日の説明員の方は、とってもお話好きらしくて、私たちの興味にあるなしに関わらず、色々と説明してくれました。もう、話が途切れないので、どこで打ち切ったらよいのやら(汗[たらーっ(汗)])。
Whale14.jpg

私たちが日本人と知ると「日本は鯨観測で世界でも最高水準の技術を持っているけど、困ったことにそれは捕鯨用なのよね~、you know what I mean」と同意を求められましたが、かつて鯨の竜田揚げを給食で食べていた私としてはあいまいな笑顔を返すしかありませんでした。

鯨観察の下見はバッチリ。次回は、双眼鏡を持ってきます。
Whale5.jpg


豆知識[ひらめき]頂いた資料によると、太平洋コククジラは、夏を過ごした北極近海を秋に出発し、2,3ヶ月かけて温暖なメキシコのカリフォルニア半島近海へやってきて冬季を過ごすそうです。毎年冬から春にかけて、カリフォルニア沿岸で見られるのは、この南下中のコククジラというわけです。

Palos Verdes Point Vicent Park
http://www.palosverdes.com/rpv/recreationparks/pointvicenteinterpretivecenter/
nice!(1)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 2

とみっち

僕も給食で食べたことありますよ^^
乱獲はよくないとは思うけど、日本の食文化ひとつですもんね。
和歌山県や四国でもこういうスポットを見かけたことが
あるんですが、やっぱりこんな双眼鏡がないと見えないんですね☆
by とみっち (2011-01-18 17:00) 

まるりん

とみっちさん、
コメントありがとうございます。鯨の問題は難しいですね。一応、ここでは鯨保護の見物人の顔で見ています。双眼鏡は、相当高性能(すなわち高額)でないとダメみたいです…。鯨が見られる日はくるのか???
by まるりん (2011-01-19 12:12) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。